ちぼり水泳天国 〜 やめときゃイイのに走ります

〜中年理屈オヤヂの悩み多き(?)スポーツ練習日誌(?)〜
CALENDAR
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
10船薀鵐縫鵐
今日の10キロレース

upが少なかったり、ノー調整だったりしたけど

41′58″が現実であり、再び40分を切って走る光景が見えて来ない。

呼吸は若い時と比較しても衰えてないはずだし、むしろ2バタ効果で今の方が辛抱強いかも知れない。

じゃあ原因は 一つしかないね
| ちぼりのオヤヂ<beaver> ドッピオ | レース | 21:40 | comments(0) | - |
今年も終わりです。
こんばんは。

相変わらず「腰痛」を後生大事に継続中の五十路です 。

今年も残すところ10日余りとなりましたので、今シーズン(そんな大袈裟なモノではありませんが)の参加したレースを振り返ってみます。



☆5月

⚫大阪城アクアスロン
総合16位(年代 1位)



☆6月

⚫せんなんアクアスロン(スプリント)
総合 1位 (年代 1位)


☆7月

⚫明石アクアスロン(スプリント )
総合 2位 (年代 1位 )


☆8月

⚫せんなんオープンウォーター(1500m)
総合 4位(年代 1位)


☆9月

⚫潮芦屋アクアスロン(ロング)
総合 11位 (年代 1位)


⚫グリーンピア三木ラブトライアスロン
総合 16位 (年代 1位)


☆10月

⚫泉佐野アクアスロン(エンデューロ)
総合 2位


☆12月

⚫オールマスターズ三重
※ 風邪でDNS

そして

明日の三田ハーフマラソンDNSです(u_u)

「ボルタレン服用ドーピング」で大丈夫かとも思うのですが、走ると今だに尾骨あたりに響くので、仕事最優先で大事を取ることにします 。
今年も近場のローカルレース三昧でした(笑)

レース結果として、1番 嬉しかったことは 若い時にヤッていた時代を含めて、今まで1度も勝てなかった2名の人に 大阪城アクアスロンとラブトラで先行ゴール出来たことです。


特に「大阪城アクアスロン」は自分の生まれ育った場所なので感慨深いものがありました。

思うに 順位は いずれの結果であったとしても、今の年齢になって競い合えるということは、同じようにお互い頑張っていることに疑う余地はありません。

今年は競泳の大会に数年ぶりに出た事もあり、ここ暫くの間ではプールで過ごした時間は1番長かったかと思います。

ランニングのトレーニングは今年も5キロの B-up走が定番でした。
毎回、全力まで上げるように頑張った後、今年は新たにプラスαで2〜3舛鬮4′後半のペースで走るセットを加えたのが良かったのか、
10舛離譟璽垢砲いて、前半から 自分なりに無理して突っ込み気味に走っても(当社比)、ゴールまで辛抱できる 小さな自信は持てるようになりました。

残念だったことは「年内に必ず」という目標だったのに、久々の200バタフライに体調不良で挑戦出来なかったことです。

年明けの1月の新春マスターズで泳ぎます。
漠然としていて、上手く表現は出来ないのですが、自分なりには今年も目の前のレースに向けて「一生懸命」に頑張って来ました。


が、昨年末同様 まだ残念ながら大きな目標は見つかっていません。

来年は「腰」と相談しながら 少しバイク練習を増やしたいと考えています。


「ポンコツ」ですが もう暫く頑張ってみようと思います!
| ちぼりのオヤヂ<beaver> ドッピオ | レース | 00:41 | comments(0) | - |
せんなんアクアスロン
昨日の せんなんアクアスロンは第2回大会ということでしたが、昨年比で大幅に参加者が増えているとの話でした。
やはり ここにもブームが来ているようです。

さて、この時期 6月前半の「水温」なのですが、前日の大雨の影響もあったのか、受付時の発表では水温18.5度、レース時に僅かに上がって19度ということでした ダウン

自分は寒さが超苦手なので、ウォーミングアップは「インナーにラッシュガード +その上にショートジョンのウエット」着用で入水しました。

体感的には「な〜んだ 動いてたらイケるじゃん」って感覚だったのですが、一旦 上がると 風も吹いてる上に 陽射しも弱くて「寒くて我慢できん!」叫び


こりゃダメだと、トランジットの速さ優先のショートジョンは諦めて→→フルウエットを着用しました。
「試泳」→「開会式」に続いては「ビーチクリーン」という事で、10分程度 参加者全員で砂浜の清掃を開始します。

一見、綺麗そうに見えても 花火の燃えカスやプラスチック製品など自然に帰らないゴミが 結構 捨てられているのでビックリです。
普段 何気に自然を大切に出来ていない自分の行動の戒めにもなりました。

その後、すぐに自分が出場するスプリント(500スイム+5000ラン )の部の召集です。

召集により、出場者が集まった時点で 事務局から本日の海のコンディションの厳しさ波と注意点、そして最短ラインのコース取りやバトルになりやすいパターン等の説明がありました。

この辺は 「日本オープンウォータースイミング協会」が主催しているだけあって、シッカリと的を得た内容で大変参考になりました。

いよいよスイムスタート。

自分は「最短ライン」だと先ほど説明のあった、最前列の真ん中に移動。同じように集まった人が10人弱程度でしたので、そんなにバトらなくても済みそうかな=3=3 ‥‥と、少し安心という感じでした。

今日のスタート方式は下半身が海中に浸かった位置くらいまで海に入ってからのスタート。岸からのダッシュではありません。

コースは沖に真っ直ぐ出て→三角形を右周りに泳いで帰って来る メジャーなコース設定です。

カウントダウンから→スタートの合図とともに頭から飛び込み、泳ぎ出すと、結構な「タテ波」というか、沖から押し返して来る波が強いのですが コレは想定内。

横波と違って、打ち上げられた時に「ブイ」も確認し易いメリットもあります。

第1コーナーまで5〜6人の集団という感じでしたが、コーナーを通過し、第2コーナー近くになった時点では 前方に2名ほどのキャップが確認できました。

大波の中、細かいフォームを修正しながら泳ぐことはムリだけど、フルウエットの長所を活かし、入水した後 肩を高い位置に保って そこから思いっきりストロークするだけの泳ぎ。カラダが、よじれるクセがあるので その点だけを注意して500mの短距離ですしガムシャラに泳ぎます。

第2コーナーを周って 残り100mくらいに差し掛かったあたりで、前との距離がグングン縮まって来てるのが、ハッキリと見て取れたので 「キッと自分よりも前はバテてるな」と思うと チカラがみなぎって来ました。



( フォト○ストさんのサンプルから拝借させて頂きました)

上陸後、トランジットへ。

前回、大阪城アクアスロンの反省を踏まえ、今回はセンサー付きの「アンクルバンド」が 通常のマジックバンド形式ではなく、輪ゴムで止める500円玉大のチップ状の嵩張らないタイプだったこともあったのですが、完全にウエットの足首部分の中に入れておいたため、足を抜く際に引っ掛かることなく 脱ぐことが出来ました。

同様に、レース中に見もしない「腕時計」も今回は外していたので、袖から腕を抜くのも 前回よりはスムーズでした。

結果 トランジットを先頭で出発

いつも通り、前半は苦しいのをガマンしてハイペースで走ります。
距離の短いレースですし、チカラを残しても後半に出せるスピードは たかが知れていると思いますので


(同じくサンプルより拝借 )

2.5舛離魁璽垢鬘下目からはバテバテで 失速気味でしたが、途中 何度も リックさんに励まされ気合いで走りました。

ラストでゴール地点を少し間違えて 数秒ロスしたために 僅かにランのタイムが20分を超えたことだけが悔しかったのですが、最近 ランのスピード自体は変化ないのですが、それなりに 脚は強くなって来たような気がしています。
無事にゴールした後、次は リックさんが出場される「ロングの部」のスタートです。

{08A271AF-8008-454C-A387-E8627436E04E:01}

スイム1500+ランニング10000の距離で争うのですが、この日の海のコンディションでの1500は大変だったと思います。



そして「ロングの部」のランニング時には陽射しも強くなり、暑さも厳しいものになりました。

{6FD53812-C03B-4B37-9412-89F16FF8EC2C:01}

レース間近に体調を崩されていたというコンディションのリックさんでしたが、

今日も御家族の温かい声援の下、気合いの入ったレースをされていました(^-^)
お疲れさまでした!
ローカルな手作りの大会でしたが、充分に走りごたえのあるレースでした。

ランニングコースは折り返しも多く 周回コースなので、沿道の応援が多く なかなか手を抜ける箇所も少ないほどです(笑)

厳しい海のコンディションに残念ながらリタイアされた方は若干 居られたようですが、心配していたケガ人も出ず、本当に良かったです。

スタッフの方たちも親切で、進行もスムーズであり、ところどころユーモアを交えての和やかな雰囲気の中での運営は十二分に満足できるものでした。

お世話になり本当に有難うございました。
そして来年も宜しくお願いします ^ ^


| ちぼりのオヤヂ<beaver> ドッピオ | レース | 06:52 | comments(0) | - |